ウェディングドレスの知識を深めたい人はこのサイトで!

トップページ  メールフォーム

ウェディングドレスの選び方

ウェディングドレス選びって女性の最大の楽しみとも言えることだと思いますが、ウェディングドレスを選ぶ際に、自分の気に入ったウェディングドレスを選ぶと言うことも大切ですが、既に結婚式場を決めてしまっている場合、その式場の雰囲気に合ったウェディングドレスを選ぶと言うことも凄く大切です。しっかりとそのようなことを踏まえてドレス選びが出来るように、ここで基礎知識をつけておきましょう!
新婚旅行はもうお決まりですか?

まずはドレス選びについてです。自分の好みのデザインを選んだり、似合うか似合わないかを判断するのも大切だけど、式場の場所や雰囲気に沿って選ぶこともそれと同じくらい大切です。例えば、ガーデンウェディングを行う場合は、全体的に見ても軽やかな感じのミディ丈のドレスを選んだり、大きな教会ならドレスの後ろのトレーンが長いドレスを選び、肩や腕などが覆われたドレスを選ぶなど、会場全体の広さや雰囲気、そして天井の長さまで頭に入れておいた方が良いでしょう。

次にヘッドドレスについてですが、ヘッドドレスというのは、クラウンやティアラ、ボンネなど、髪を装飾する小物を総称してヘッドドレスと呼びます。最近人気のあるヘッドドレスとしては、ブーケに使われている花と同じ花をあしらったりすることや、高級感溢れて気品さえ感じさせるティアラなどが人気のようです。ウェディングドレスもそうですが、ヘッドドレスに力を入れるというてもアリで、結婚式で着るウェディングドレスはあえて一着にして、お色直しの際にヘッドドレスの着せ替えなどを行ってイメージチェンジを図ると言う手も最近人気になってきているそうです。

意外に大切なのと言えば、入場の時などに顔を覆うベールです。実は、このベール1つで全体の雰囲気を整えたり崩すこととなってしまうこともあるのです。例えば、重厚感溢れるサテン生地のドレスに、ふわふわのレース生地のベールを着たとします。こう言ってしまうのもなんですが、まず間違いなく合うはずがありません。バージンロードの短い教会を式場にしたとして、長いベールをあしらったとしてもこれも合いません。ベールというのは、ドレスの素材や、全体のバランス、そしてバージンロードの長さなども考慮し、全てのバランスを調和出来るような物を選ばなければなりません。因みに、ベールというのは、一般的にトレーンより長いものが正式となっていますので、そこも忘れずに考慮して下さいね。

ウェディングドレスを選ぶ際に忘れてはいけないのが、アクセサリーです。ネックレスやイヤリングを選ぶにしても、ウェディングドレスにあった物を選ばなければミスマッチとなってしまいます。ドレスのデザインも考慮しつつ、それと同時に自分の体型に合ったアクセサリーを身に付けなければなりません。ウェディングドレスをレンタルする場合はアクセサリーなどの小物の諸費用が組み込まれていることが普通ですが、購入するとなると、別料金となってしまいます。ドレスを購入するという人は、アクセサリーの費用まで含んで予算生計を立てると良いでしょう。

ブーケ選ぶも大切なチェック項目の一つです。ブーケというのは、男性から女性にプロポーズの証として花束を贈ったというのがブーケの由来だと言われています。ブーケを選ぶ際に大切なことは、色ですね。ブーケの色というのは、基本的には白を基調としたものなのですが、使う花や形、大きさ、これら全体のバランスを考えてブーケを選ぶようにしたら良いと思います。

手袋や靴をしっかり選ぶと言うことも大切です。手袋に関しては、正式な素材としては、肌が透けて見えないように白い革手袋を選ぶというのが基本なのですが、レースやサテンなど、ドレスの生地や素材に合わせて自由に選んでも構いません。その時に注意すべき点として、サイズはしっかりと合っているか、とか、はめたり外したりする動作がスムーズに出来るか、などをチェックしておくと良いでしょう。

靴に関してですが、基本的にはドレスの共布で作るというのが一般的なのですが、ガーデンウェディングなど、野外を動き回る機会が多いという場合は、白い皮やエナメルの靴がお勧めです。また、サイズを選ぶ際は念には念を入れて選ぶようにしましょう。長時間穿いてもあまりきつくない靴にしないと、時間が経ってくるごとに足がむくんできつくなってしまいます。そうなると笑顔でいられませんよね。笑顔でいる為にも、靴選びは慎重に(笑)

これらの知識さえあれば大きな失敗をすることはまず無いでしょう。

注目サイト

TopBuzzVideo -アニメ・映画・音楽・TV無料芸能アプリ

最終更新日:2018/10/23

トップページ ウェディングドレスの歴史 ドレスの選び方 ドレスの入手方法 賢く向き合う スタッフに負けない為に 協力して式を挙げる ドレスの種類