メールフォーム

ウェディングドレスの知識を深めたい人はこのサイトで!

トップページ  メールフォーム

ウェディングドレスの入手方法

ウェディングドレスの入手法にも色々ありますよね。オーダーメイドからレンタルから…あれ?2つだけ?いやいやそうでもありません。実は意外に知られていないウェディングドレスの入手法、ここで大まかに紹介していますので、学んでウェディングドレス選びの参考にして下さいね。

まずこだわりたい人の為の入手方法として、オーダーメイドがあります。オーダーメイドとは、ウェディングドレスのデザイナーにデザインしてもらい、自分の好みの生地を選んで、自分の体型にピッタリフィットした世界に一つだけ、「自分だけ」のウェディングドレスを作ることです。

次にプレタクチュールと言うのがあります。プレタクチュールというのは、セミオーダーの事で、いくつかあるデザインの中から自分の好きなデザインを選んで、そのデザインを基に自分の体型に合ったウェディングドレスを作ることです。

プレタポルテ、と言うのもあります。プレタポルテというのは高級既製品を意味していて、一般の既製服とは別に区別して呼んでいます。プレタポルテは一般に販売されているドレスですので、気に入ったデザインがあったとして、そのドレスのサイズが体型に合っていれば、即刻持ち帰ることが可能です。

これはなかなか珍しいのですが、リサイクルと言う手もあります。ファッションショーで使われたドレスや、既に他の人が着たことのあるドレスなどを再販売するというシステムで、一般に売られているドレスよりも値段が安価だと言うことが一番の魅力でしょう。購入する際に、サイズ直しをしてくれる店舗も多いのでお勧めです。

一般的な方法の一つですが、レンタルがあります。レンタルの種類には2種類あって、ホテルや結婚式場の衣装室からウェディングドレスを借りる方法と、レンタルドレスショップなどで借りるという方法があります。ホテルや式場などの衣装室から借りるメリットとしては、衣装室のスタッフが、会場の雰囲気や間取りなどをよく知っている為、式場にあったウェディングドレスのチョイスやアドバイスをしてくれると言うことで、レンタルドレスショップで借りるメリットとしては、衣装室よりもデザインが豊富だと言うことなのですが、レンタルドレスショップで借りた場合に会場に持ち込む場合、式場側に持ち込み料を請求されることがあります。レンタルドレスショップがこの持ち込み料まで払ってくれる場合が殆どなのですが、一応トラブルを起こさない為に事前にレンタルドレスショップのスタッフに聞いておく必要があります。

最近人気の入手方法として、オーダーレンタルという方法があります。オーダーレンタルとは、オーだメイドで作ってもらったドレスを、挙式後にお店に返却、その後、そのウェディングドレスはレンタル商品として貸し出されるというシステムです。大まかなデザインはいくつかのパターンの中から選び、細かい部分を自分の希望で変えていくというのが主な方法ですね。このオーダーレンタルは、意外にこだわれるのも関わらずドレスのレンタル料金と殆ど同じ予算で行えると言うことが最大の魅力と言えるでしょう。

このように、ドレスを入手するにしても意外に色々な入手方法があるのです。こだわりたいけど予算も少なめにしたいという肩にはオーダーレンタルがピッタリだと思いますけど、どうでしょうか?

Favorite

パーソナルトレーニングジム 渋谷

最終更新日:2019/1/23

トップページ ウェディングドレスの歴史 ドレスの選び方 ドレスの入手方法 賢く向き合う スタッフに負けない為に 協力して式を挙げる ドレスの種類